成長してきたJAカップ予選

2019年度JA東京カップ第31回東京都5年生サッカー大会6ブロック大会

この4月から、
いや、もっといえば4年生の秋のあの敗戦から、
この大会の中での成長を促してきた。

結果に拘りなく、ヘラヘラしてた奴ら。

こいつらの前では笑うまいと決めて接した時期もあった。

試合の後の月曜練習では意識高く、全員がピリッとした姿勢が生まれてきた。

いい姿勢と思えば、また緩さを露わにし、メリハリなく過ごすこともあった。

もっとできるだろと、常に求められてきたと思う。

順風満帆ではないにせよ、お前らは成長してきた。
スイッチが入る瞬間のお前らの雰囲気は本当に好きだ。

今日が一つの結果を出す日。
結果に拘り、優勝しかずっと観ていなかった。

◯3-0 池袋FC
◯1-0 ペガサスFC

負けてはいけない試合であり、自分達そう思えてた。

決勝戦。
選手の中には緊張が表れている選手もいる。

大丈夫。
何のブレも迷いもないよ。
相手じゃない。
ずっと、お前らと向き合ってきた。

最後まで優勝を見据えて勝負した。
勝つことだけに焦点を置いて戦えた。

⚫︎1-2 三菱養和巣鴨
準優勝

ロスタイムでそれは砕かれた。

試合が終わり、お前らに言った
「良くやったとは言わないぞ」
「勝てなかったんだから、良くやったとは言わないぞ」

その言葉に頷き、また涙したお前らに、
期待してる。

都大会まで約一ヶ月。

まだこの大会と共に成長できる。

お前らの中にちゃんとある色々な悔しさこそが、僅か一ヶ月でも成長できることを語ってる。

進んでこう。
CC033E03-8171-45E2-98BB-E6B761867F22.jpeg

この記事へのコメント