VIRTUSのブログ!

アクセスカウンタ

zoom RSS virtusつくばカップU-9!

<<   作成日時 : 2019/01/07 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

味の素フィールド西が丘での北区大会3位決定戦を控えている他、2019年は4年生となる年。

この時期で個々の成長を強く促し、意識もスキルもサッカー理解ももっともっと成長させていく必要がある。

今回はそのきっかけとすべく実施した大会。今大会ではオプションを増やすべく、しばらく行っていた1-3-3-1のシステムから、1-2-4-1に変更して実施した。

「ボックスの崩し方」;
ペナルティエリア(ボックス)をどう崩し、どう攻略するか。
ボックスの前から崩すために、もっと個とグループの連続性による迫力が必要。相手のラインを下げさせてからのミドルシュートの迫力も必要。ボックスの横から崩すためにサイドハーフが良いポジションをとって突破することも必要。四方八方からゴールに迫りたい。

「バランス」;
攻守においてバランスがとれたポジションが取り続ける必要がある。
ポジションを決めるために、ボール状況(ボール保持者の状況)を観察し、瞬間瞬間で変わるボール状況に応じてそのポジションを更に変化させていくことが必要になる。状況を認知して、判断してポジションをとる習慣を身に付けたい。

「守備の限定」;
個の守備の際に相手に振られてしまう。ボールも奪うことができないだけでなく、2ndDFのポジションも決まらず、ボールを奪いきれない。1stDFが内側を締めて相手を誘導し、2ndDFのポジションも決めさせることが必要。そのための構え、ステップワーク、アプローチの角度をもっと身に付けたい。


今回はたくさん詰め込んだ。成長のために得られた課題を今後の練習でもしっかりと取り組んでいきたい。

またピッチの外の部分でも、ストレッチの習慣、チームに関わる習慣、プレーできなくてもサッカー理解を深める習慣には不足があった。成長できるチャンスはどこにでも落ちている。

習い事のサッカーだとしたら、そこから変わっていかなくてはならない時期でもある。自ら貪欲な姿勢を持って、自分を高めていってほしい。その変化を今、求めてる。

画像
画像

月別リンク

virtusつくばカップU-9! VIRTUSのブログ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる