思いやり

2度目の緊急事態宣言が発令されました。

 

一都三県の陽性者数が急増していることもあり、やむを得ないと感じます。

 

その中でまた大人達は様々な判断・決断を求められています。

サッカーの現場も同様で、早々に北区大会決勝大会中止や、東京都主催大会の中止が決まりました。

 

それに関して、残念な思いですが、

不満はありません。

 

現在の物事との判断・決断は、○や×、良いや悪いではななく、

観る角度を変えれば、見方が変わるものであると思っています。

 

クラブとしてどのようにしていくのかの判断・決断もまたそうであることをわかっています。

 

これが正解だろうとか、

あの判断間違いだろとか、

 

そういう考えは少なくなくなってきました。

 

ただ、そういった判断・決断を一緒に歩むことになる選手・保護者・スタッフといったクラブに関わる人には、

理解して進みたいと常々思っています。

 

このコロナ禍で必要なことは、端的に言えば「思いやり」だと思っています。

 

VIRUS(ウイルス)に「T」を加えてVIRTUS()の力で、この状況に打ち勝とう』

 

と、打ち出していますが、

その徳の中でも重きが置かれた要素「仁」であり「恕」であると思っています。

その解釈はやはり、人への思いやりです。


紀元前から人はそれを大切にしてきたのです。


人として、見方が異なる方の思いやりを持って行動していきましょう。

43320873-B0FE-4B9F-9FBD-03042EDF95AA.jpeg