2020夏休み

今年はとても短い夏休みだった。
夏合宿も大会もなくなり、集中練習や1つ1つの練習試合に重きがあった。

1年生
6月から本格的にサッカーに触れる子がほとんど。
その中で試合をする楽しさからはじまり、勝つ嬉しさ、負ける悔しさを感じた夏になったと思う。これからは勝利に向かって更に意欲的に練習に取り組んでほしい。

2年生
試合では団子になり、うまく抜け出せない。そのためにまずは個々が相手を抜く・剥がす・押し込むスキルを持つ必要がある。レガテで1人ぐらい剥がして、相手が集結したところでパスに切り替えていく試合をまずは目指していきたい。

3年生
ボールを動かすが、目的のないボールの動かし方が目立った。サポートの質を強化し、ボール保持者に対してサイドサポートに入ることで、何より突破を優先させていった。まだ距離が悪い時はあるけど、変わってきた。
攻守の切り替えについても取り組む。もっともっと試合を重ねていくごとに高めていきたい。

4年生
皆が良い競争の中で高まっていった。6月は練習でパス&コントロールとサポートの質を徹底。それをどう使うかのイメージが7月からの練習試合で理解していった。
何よりこの夏でプレーの速さや強度が高まった。
速さに質をつけていくのはこれから。

5年生
全体に活気がない練習も、徐々に徐々に変わってきた。緩やかな成長を見せるも、その成長の速度を変える必要がある。
厳しい試合を競り勝てない。物にできない夏だった。でも自分達に足りないものがあることをしっかりと受け止めて、練習をポジティブに行う様子が増えてきた。
だからこそ結果をつけて、もう1歩上がりたい、

6年生
練習も意欲的で、練習で取り組んだことをすぐに試合で自分達で実践することの繰り返しが見られた。
ただ夏の時期になると他チームとのフィジカル的な差が顕著に表れる。そこに挑むために、また新たに変化を起こしていかないと、勝利を掴める選手になれない。
全員で成し遂げたこともある、全員の良さもある、ただ全員で群れるとこもある、更なる変化のためにまた個が強く一歩前に出る必要がある時期。

色々あった夏。
各学年の創り上げた夏を、9月にしっかりと繋げていきたい。

最後に全学年で楽しめた日が創れてよかった。
CE25A2D5-76CA-4757-810C-735192D330AA.jpeg3E776C91-97AA-426E-88B7-FF0AE4111CDA.jpeg48DCF0EE-209D-4F02-8AB0-A74B90A91513.jpeg279632F4-8410-4B8C-9429-54E9C85616F6.jpegF4CBCF4E-0B51-4F8F-8E41-CEC805989C9C.jpeg19853741-35ED-40D7-9476-F265BA7830E2.jpeg4F07F0E3-EA27-405D-95C0-5A0DD3C96098.jpeg