夏休み短期サッカー講習会Ⅱコース!!!

夏休み短期サッカー講習会Ⅱコース!!!

 

Ⅰコース・Ⅱコースとも来てくれた選手もいるので、

1日目「ドリブル・ターン」

2日目「パス&コントロール」

3日目「フィニッシュ」

とテーマは変えずとも、メニューに変化をつけて実施していきました。

 

様々なテクニックをトレーニングしながらも、伝えたいのは

「判断の基準」を持つこと。

 

それを持つことで実践で生きるテクニックになるし、

プレーモデルになってくる。

 

ドリブル・ターンでは、

相手を食いつかせるコンドゥクションと

相手を抜く・剥がすレガテの使い分け。

それを使い分けるために判断の基準となるのが「セカンドディフェンダーの位置(距離・角度)」だった。

 

パス&コントロールでは、

様々なボールの受け方を実施。

ボールをさらさないようにして、ワンタッチで前を向いたり、

相手をブロックしながら前を向いたり、

コントロールの種類も多種多様にある。

ここでの判断の基準は「相手(マーク)の位置(距離・角度)

 

フィニッシュでは、

フィニッシュ前のボールの置き所を特に強調する。

ゴールに向けた前にボールを置いてしまうと、ゴールを守り・ボールを奪おうとするDFに引っかかる。

スペースがない時は、ボールの置き所を横にしながらゴールを狙う。

ここでの判断の基準は「ファーストディフェンダーの位置(距離・角度)」になる。

前方にたっぷり余裕のある時は、ボールをゴール側に置き、さらにフィニッシュの精度を高める。

 

試合に戻った時に、ボールウォッチャーとなってしまうことがないようにして、

いつも「判断の基準」を持ってプレーしていってほしい。

 

またどこかで会いましょう!!

D36348AE-31AF-4819-A843-B8D7EEFFAAAA.jpeg