2020ALL強化練習

例年4/1~4で実施する「ALLVIRTUS強化練習」ですが、
今年は新型コロナウイルスの影響もあり、実施を見合わせておりました。
ようやく7/23~26で実施。

4日間とも梅雨を抜けず、最終日は残念ながら雨天にて実施できなかったももの、
各学年の課題について集中的に取り組むことのできたよい期間となった。

☐6年生
インナーラップにオーバーラップに、モビリティ(活動性)を活かしたサッカーができるように、トレーニングを積む。
その他、個人でコーナーゾーンを攻略するためのレガテ(抜くドリブル)に取り組む。
練習で実施したことを試合で使ってみる感覚もとても良い。
坐禅では、真剣な選手とそうでない選手の差が表れたのは残念。

☐5年生
声もなく、活気のない練習となる5年生。
強化練習ではそれを変えるべく、数名の選手を中心に、練習を引っ張っていく姿勢が観られた。
相手の前に入り込むドリブル、インナーラップ、サイドを攻略するためのレガテに取り組む。
まだまだこのトレーニングをどこで使うのかをきちんと理解しない選手もいる。
理解に差が出ているので、全員が理解も含めて競争したい。

☐4年生
競争熾烈な4年生。6・7月とただただドキドキしながら行っていた練習も、ようやく良い心構えになってきた。
ビルドアップの再現性の他に、ワンツーを活かした局面の突破と、ブロックターンを使って攻撃のレーンを変えることをトレーニング。
CKなどでのヘディングももっと変わっていきたい。

また全学年共通として、クライフターンや相手を背中に食いつかせて前を向くなど、様々なターンスキルを改めて見直していきました。

今夏は、合宿がないこともあり、

これまで合宿で学んできたこと、体験してきたこと、をどのように取り入れてやるかも考えいかなくてはならない。

こういった時期だからこそ、新たな試みで、みんなに成長していってもらいたい。

まずは夏の第一章が終了。
「成長の夏」ままだまだこれから。
E9A598A6-FCA8-41EB-8A46-2F17CA6BF82C.jpeg427DB0DE-9437-4D83-9B2F-9C8BE7247A4B.jpeg