深刻な運動不足

6月にグランドでの練習を再開して、
一番はじめに衝撃を受けて、
ずっと感じていること、

このコロナ渦の中での、
子ども達の運動不足による運動能力の低下

学習の不安や心配は、様々なメディアでも報じられていますが、運動の面もまた深刻です。

心肺機能系はもちろん、
関節可動域や筋力の低下も現れる。

これまで個々の差はあっても、
子ども達が積み上がっていく様子ばかりみてきただけに、
本当に驚いた。

でも今は、だからこそ段階的に、
怪我をさせないように、取り組んでいく。

これはヴィルトゥスの選手に限ったことではない。
6月から行っている徳別スクール
北区を中心とした他クラブに所属する選手達が、既に計3回のべ150名以上参加してくれている。

その子達も普段を観れてあげていないけど、
心肺機能には辛さが観てとれる。

学校も休校となり、
不要不急な外出は控え、
再開してからも、
運動会の練習も、体育の授業も、サッカーも
制限されている。

致し方ない。

だからこそ、
のびのびとサッカーしながらも、怪我をしてほしくない。

改めて、
各々、コンディショニングを大切にしてほしい。
こちらも怪我をしないため、良い選手になるために、
その大切さを促していくから、
それを受け止めて、大切にしてほしい。

みんなで打ち勝とう。
D3AD0357-8688-4292-805F-1B26545A6FC8.jpegD6ABC777-74A6-4C56-BC75-E5F31BE78C74.jpeg