最高な代

今日は、今年度の大会について、
6年生へ報告から練習がスタートした。

それを聞く1人1人の顔に、
悔しさや、やるせなさがにじむ。

確かに真剣勝負の機会が減少することになる。

でも真剣勝負は残されてる。
それどころか少ない機会だからこそ、これまで以上により真剣勝負になる。

それに向けてまた鍛錬していこうな。

そして、こうなっている現実に、
お前達が置かれた状況に、
「かわいそう」とか
「残念な代」とか

絶対に言わない。

こども達のそばにいる
大人も言ってはいけない言葉だと思う。

オレは言わない。
ヴィルトゥスは言わないでいきましょう。

その言葉に
希望はない。

こども達は希望だらけなはずだから、
それに携わる大人はその希望に向けて導く。

確かに未曾有の事態だけど、
お前達はそんな中、

プロセスを大事にして、
新しい取り組みにもチャレンジして、
確かに成長して、
勝負に打ち勝って、
最高だったって、言わしてやるから。

大変なことだと思う。
でも目の前の選手を最大限に成長させるため、
この状況下で正しい選択をして、
そう導きたい。

今日の6年生の顔を観て、
改めて決意できた。

1日1日を大切に前に前に。
明日も早く会いたい。

我慢しなくても、また会える。
本当に本当に嬉しい。