これまでとこれから

未曾有の事態


でも再開への兆しが少し見えてきた。

ただ、どのように再開していくのかはまだまだ見えていないところは多い。


手洗い・うがいの徹底

3密の回避、

練習の在り方は、バス送迎の在り方は、

選手との対話の方法、

練習中のマスク着用、

正解がないからこそ、

十分に検討して、実施し、変化させていくことになる。

課題はまだ多い。


まずは子ども達の学校がどのような形になるか、

政府、東京都、区の対策を観て、決めていかなかければならない。


学校の授業がそうであるように、

中・長期的に計画を立てて、忘れ物のない指導をする。


だからこそこれまでになかった取り組みが必要。


この時期で失ったものを悲観せず、

この時期で得られたものを使って、全力でみんなに伝えていく。


これまで通りの愛おしさもある。


このコロナの時期の中で、辛いことも経験した。

当たり前なことだけど、

笑顔でいること、

目標を共有すること、

嬉しさや悔しさや想いを共有すること、

思い出を共有すること、

生きていること、

は当たり前じゃない。


当たり前だったことの尊さを噛みしめつつも、

輝かしい未来の力となる

輝かしい可能性のある

子ども達のために、


コーチとして、大人として、

希望を持って前進したい。


子ども達のそばにいれることは、やはり幸せだ。

F0CCC8A2-219E-4B64-8466-01E8FE146D04.jpeg