VIRTUSのブログ!

アクセスカウンタ

zoom RSS JAカップで頂いた危機感

<<   作成日時 : 2018/10/09 17:56  

トラックバック 0 / コメント 0

画像

「平成30年度JA東京カップ第30回東京都5年生サッカー大会中央大会」

5年生の今の力がどれだけ通用するのか、全力を出してぶつかり、成長できる大会。

1日目!
まだ主導権を取れる相手で、自分達を出すことができた。

2日目!!
この年代、東京でもトップトップのチームとの対戦。
△1-1(0-1,0-0,1-0) トリアネーロ町田
●0-2(0-0,0-0,0-2) JACPA
●0-1(0-0,0-0,0-1) 府中新町
これを僅差とみるか、大差とみるか。

できるところは確かにあるが。。

勝負強さや闘いでは明らかに差がある。
予測
身体の使い方
割り切る所と自分達を出す所の判断
勝利への執念

コンディション悪いが相手も一緒。

2日目最後の試合では、
グダグダになった試合展開の中、
そんな気持ちを出すことで、変えられるアクセントをつけられなかった。

勝ちたいと思う気持ちは、
明らかに相手が上だった。

この3試合で勝敗を決めるのは、
圧倒的な技術,戦術
または
勝利への強いハート

いずれも不足していた。

ベンチの中や、試合の合間に選手が発する声は、
明らかに弱さだった。

本当の闘いを知らない者が発する
男気ない弱い言葉。

その姿勢には覚悟はない。

それでは敗れないベスト16の壁。

まだまだ選手自身は気付けていないと思う。

気付けない所をどう教えていくのか、
どう気付かせていくのか、
難しい。

これを僅差とみるか、大差とみるか。

のんびり勘違いしてたら、
何もなくなる。

危機感を頂いた大会に感謝。

画像

月別リンク

JAカップで頂いた危機感 VIRTUSのブログ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる