VIRTUSのブログ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 波崎遠征U-11!!

<<   作成日時 : 2018/03/05 09:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

来期の東京都U-12サッカーリーグをあと1ヶ月に控えSUPER COPA2018に参戦。

強豪のWingsさん相手にどれぐらい戦えるかがTリーグに向けてのチェックすべきところだっ
た。

最近の練習・試合では、
「グループプレー」でパスを当てて・叩いてから人数を関わることを強調している。
ゲームの中でそれを実行する意識は習慣に近づいてきた。

「縦パスの精度」
「受け手と出し手のタイミング」
「トラップで置いた所ばかりでプレーせず、ボール状況がよい際にドリブルを加えること」
「1stDFに当てない」
といった課題は多く生まれた。
そこはトレーニングを積み重ね、
何よりそれを試合で発揮するしかない。

サッカーはゴールに向かうプレー、
課題もゴールに・縦に向かうための個人・グループ戦術の中の課題。

これをどれだけ強気に発揮できるかが一番の鍵だと思う。

試合になると
「周囲を観ておく」
「相手との駆け引き」
「動きながらのボールコントロール」
とある程度練習の中でできているボールの受け方が全くでなくなる。
思考が止まってしまう。

また
「パス&ムーブのフリーランニングの大きさ・強さ」
「少数で崩す」ことも課題となった。
短いパスでの崩しの中で、ボールを返してもらう・受け直す場所が効果的ではない。
その内に人が関わりすぎて、
守備のバランスが悪くなり、
失点に繋がっていた。

『ダイナミックに決断する』ことがやはり必要。練習したことを試合でどれだけ強気に発揮するか。

Tリーグの目標は
「グループの中でAクラスにいること」。

このチームに優勝などという高すぎる目標は大きな失敗になる。

ただ、この目標設定も容易ではない。

勝ち点1を積み上げることがどれだけ大変なのかを選手も理解し、
負けることも勿論あるリーグ戦で、
負けることを恐れながら続けていくのではなく、
次の勝利に向けてナニクソと頑張れる心を持ってほしい。自分達が強くなることを目標とするリーグ戦にしてほしいし、そうなるだろう。

時間は有限。
選手に与えた時間は浪費になる。やれと言われたらやる。
まだ行動に表れない。
あと1ヶ月後の現実の方がもっと苦しい。
選手1人1人の態度・行動に変化が現れ、
1戦1戦を強気に戦う姿勢があり、

観ている方も心を震わす戦いをしてほしい。

画像

月別リンク

波崎遠征U-11!! VIRTUSのブログ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる